身勝手なキャッチボール。その現場。
言葉は力。人を信じるのも裏切るのも、癒すのも傷つけるのも言葉はできてしまう。その言葉をできる限り正の方向で使いたい。愛するもの全てのために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

妄想夜話 第11話

最近好調更新中!!




「妄想夜話」




第11話 秘密の小箱


小さい頃から、うちの親父には大切にしている入れ物がある。
釣りが趣味の親父だから、餌でも入ってるんだと思っていた。
釣竿を磨くときも、車に乗るときも
休みの時はいつもその入れ物を持っていたから。


ただ、不思議だったのは会社に行くときはいつもそれがない。
忘れ物って訳でもないらしい。
『その入れ物、何が入ってるの?』
と、親父に聞いても
『これか?これは俺の宝物が入ってるんだよ』
と少し照れくさそうに話すだけだ。


何年かして、俺にも人並みの趣味が出来た。
すると親父はにこっと笑って
『お前にもこいつがいるだろう』
と、親父の持っていた入れ物と同じ奴をくれた。
ずっと気になっていた中身を見ようと空けてみた。
空っぽだった。
『何に使うの?これ』
俺がそういうと親父は
『まぁ、持って使ってみろ。なんとなくわかる』
とよくわからないことを言っていた。


親父と同じようにしてみようと
休みの日はそいつを持ち歩くようになった。
最初はなんとなく持っていたが、妙にしっくり来る。
次第にそいつはだんだん俺にはなくてはならないものになった。


しばらくして結婚することになった。
結婚を期に実家も離れる予定だ。
親父と母さんと別々の暮らし。
それを思うとなんだか親父からもらったこいつがやたら重く感じた。


子どもが出来て、自分も父親になった。
幼稚園に入る頃、その子が俺に言ったんだ。
『お父さん、それ何が入ってるの?』
その時ようやくわかったんだ。
親父が持っていたもの。
俺にくれた、その入れ物。
こいつの正体は『思い入れ』なんだって。
どうりで粗雑な親父でも大事にしてたわけだ。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最近新型のタッチが多いですかね?(Byくべ)
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/26 06:07】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/31 10:28】 | #[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

くべ
  • Author:くべ
  • 私の名前はくべ。石井竜也よりも横山剣よりもデーモン小暮よりも斬新でクリエイティブな人間になりたい。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • くべ(02/06)
  • erika(02/05)
  • くべ(02/04)
  • 鈴木(02/04)
  • うめ(08/31)
  • たら(06/26)
  • (06/14)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。