身勝手なキャッチボール。その現場。
言葉は力。人を信じるのも裏切るのも、癒すのも傷つけるのも言葉はできてしまう。その言葉をできる限り正の方向で使いたい。愛するもの全てのために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

思いのままに

人間は思いのままに書こうとするのを嫌がる。
生身の自分が表出しているのを見ると、なにか恥ずかしくなる。
それを見た人も、自分の恥部をさらけ出されているような気分になる。


誰もが目をそらしたくなる場所。
変な言い方をすれば、レンタルビデオショップのアダルトコーナーみたいなものだ。
生々しく、隠し通してきたものが露見している。
なにか軽蔑するような視線がその場所にある。


生身の自分、傷ついている自分や考え込んでいる自分を
出すことが、他人の不愉快を誘う。
社会の中で、社交辞令やおべっかが使われる。
「ありのまま」が軽蔑される。
社会が作り出した理想像に比べられて生きる。
なんと息苦しいことだろう!!


だが、世の中にはそれに順応して生きていける人々がいるらしい。
それが当然のようにものを言い、実行している。
あなた方は祭り上げられた英雄だ。
社会に賞賛され、影でせせら笑われるだろう。
世の中は残酷だ。
使えるときに使い、そのうち捨ててしまう。


私は不器用な人間だ。
自分に正直に、素直に生きていこうとしてしまう。
疑問を持ったらそれを実行することができない。
なぜ?を「あたりまえ」という言葉で割り切ることが出来ない。
一般的な常識という言葉は、断じて私の常識ではない。
私の人生は社会で受け入れられないだろう。
高校を休学し、大学を休学し、留年をしようとしている。
軽蔑すらされるのではないか。
それでも、私は自分に正直なのだ。
どこまででも馬鹿正直なのだ。


私は思う。
『誰が、この世の誰が私の人生の責任を取ってくれるのだ?』、と。
誰もとってはくれないのだ。自分以外の誰も。
ならば、別に軽蔑されてもいいではないか。
私がそれを望んだのだから。
私の人生を美しく彩っている思い出の数々は
恐ろしく尖った記憶で出来ている。
触ればたちどころに皮膚は切れて流血するだろう。
それでも私は幸福だ。
私は私に素直である。
他の何者でもなく、私は私のために生きているのである。
自分のために他人を大切にし
自分のためにグループを組織し
自分のために恋人を愛する。


自分のために人を罵倒し
自分のために組織を壊し
自分のために恋人と別れる。
そういうことだってあるだろう。
私は私が嫌いだ。
どこまでも利己的で、自己中心的で、傲慢な私が嫌いだ。
そして、そんな心をひた隠しにして道徳を唱える
優しくて偉大な人間達が嫌いだ。


それでも生きている理由?
もし今、私が死んだら困る人がいるから。
死ぬのも怖い。私の何もかもはここから離れてしまう。
そして、私の大好きなあの人を『私が』幸せに出来ないことが
私にとって何よりの不幸だからです。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日のどうでもいい話
久々に哲学…かなぁ。まぁ、批判は山のようにあると思います。
でも、本音かな。(Byくべ)
スポンサーサイト
【2005/10/14 06:02】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

くべ
  • Author:くべ
  • 私の名前はくべ。石井竜也よりも横山剣よりもデーモン小暮よりも斬新でクリエイティブな人間になりたい。
  • RSS
  • 04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • くべ(02/06)
  • erika(02/05)
  • くべ(02/04)
  • 鈴木(02/04)
  • うめ(08/31)
  • たら(06/26)
  • (06/14)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。