身勝手なキャッチボール。その現場。
言葉は力。人を信じるのも裏切るのも、癒すのも傷つけるのも言葉はできてしまう。その言葉をできる限り正の方向で使いたい。愛するもの全てのために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

時には昔の話を。

最近、気分がだめです。
しばらくはだめでしょうね。これ。
でも、なんだか幸せなので不思議です。
あの子がいるから笑顔でいられる。
あの子がいるからまだ人の笑顔が見たい。
そんな気がする。


そして、なんだか昔にさよならを言わなければならない日が
きているようです。
だから、最後に書こうかなって思うんです。
遠い昔の話を、妄想という純度の低いワインで酔いながら。


「The past day」


今となっては昔の話、それは機械仕掛けの便利な道具もなく、牛や馬と共に暮らしていた時代。


あるところに一人のお姫様がいました。お姫様の父は国の戦乱に乗じて幾度も兵を上げ、ある時は商人にもなって財と武器を手にし、ようやくこの城の主になりました。父である領主はこの地を良く治めましたが、その激しすぎる人生が彼の性格を少しずつ蝕んでいきました。


ある日突然、お姫様は城から追い出されました。領主様がお姫様の母親とは違う女を王妃として迎えようとしたからです。お姫様の母は自尊心の高い人でした。だからこそ、おとなしく、正々堂々と城から出て行きました。領主は彼女たちに十分な金と財宝、それに家を与えました。新たな王妃は独占欲が強く、それ以上のことを領主にさせることをさせませんでした。領地を治めることに心血を注ぎ、疲れ果てた彼の心を癒すことができたのはその卑しき王妃だけでした。かつての王妃である姫の母は入る隙のない領主の心に入り込もうとして敗れることを良しとはしませんでした。ゆえにあっさりと身を引いたのです。


しかし、その子どもであるお姫様は甘んじて受け止めることができません。現代でいうならば小学生の低学年程度であった彼女にはそれを受け止めるだけの余裕がなかったのです。不満と怒りを抱えたまま、彼女は大きくなっていきました。


一言なんかで終われない。過去が俺を食いつぶすか、すべてを語り俺が過去を記しきるその日まで、この話は続くのです。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日の独り言
張り付いてしまった過去を今ここにはがそう。悲しみとともに。
そして、今俺の愛する君よ。君に誓って過去に私は勝利することを誓おう。(byくべ)
スポンサーサイト
【2005/05/31 06:45】 恋愛 | トラックバック(0) | コメント(0) |

反省

何気ない一言が、人を傷つけることって良くあること。
でも、良くあるからといって許されるわけではない厄介なものです。
普段はそれをわかっているつもり、注意しているはずでした。


それでも。
気の緩みというのは恐ろしいもので私もやってしまいました。
何気なく言ってしまった他愛のない一言。
今日はそんなお話。


「私、秋からイギリスに行くから」
付き合う前にそれを聞いた。
「それでも付き合えるの?」
イギリス留学の期間は9ヶ月。
確かに長い。学年も変わる。
「・・・待ってる」
決意の言葉だった。
好きだから、待てる確信があった。


そうやって僕と彼女は付き合った。
日がたつにつれて僕はどんどん彼女のことが好きになった。
昨日よりも今日、今日よりも明日、君が好き。
その気持ちがどんどん深まっていくにつれて
イギリス行きが近づいてくるのが寂しい気がした。


そんな時にふっと口から出た言葉。
何気ない、何も考えていない、冗談めかした台詞。
「帰ってきたら、俺変わってるかもよ?」
悪気はなかった。いや、なんの気もなかった。
もしかしたら、イギリスに言って欲しくないって言う
狭い心が俺の虚を突いて出てきたのかもしれない。


変わるって言うのはいいことです。
少なくとも、俺は悪くは変わらない。
そんな自信がある。
見た目が変わる、学年が変わる、話し方が変わる。
そういう見た目の所はどんどん変わっていくでしょう。


俺なんて中学時代とか七三分けだぜ???




でも、中身までは変わらない。
気持ちも変わらない。
何があったって好きは好きだよ。
会えなくなって、寂しくなって、どうしようもなくて。
それでも我慢しますよ。俺は。
「耐えるのは慣れてる」
付き合うときに俺は言ったよね?
うそはつかない。
今までもこれからも、ずっと。
心配しないで、なんて言えない。
心配させてしまったから。


でも、これだけは言っておく。




俺を信じろ。




まぁ、俺が言っても格好は良くないですけどね。
事実は事実だ。覚えとけ。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
読者の皆様
遠距離恋愛のコツをご存知の方は教えてやってください。
世の中、技は多く持っておいたほうがいいですから^^;
よろしくです。(byくべ)
【2005/05/25 15:57】 恋愛 | トラックバック(0) | コメント(3) |

友達のブログ。

友人のブログを見ました。
素敵な人物なのです。
気持ちを表現することがうまくて、
人を喜ばすことを知っている人。


そんな彼が愛する人との間で悩むことがあったようです。
心配でした。
私にとっては大切なお友達の二人ですので。


そこでコメントを残しました。
でも、不安。
自分の意見なんて正しいか分からない。
それが分からないから、みんなに聞きます。
こんなに公然と人の話を自分の所に見せていいのか不安に思いつつ。
想いを抑えきれぬこのうつけに皆さんの気持ち、




お願い。聞かせて。




以下にどんなコメントをしたか記載します。
事前知識として、彼女は昔の彼氏との思い出の場所に彼氏を連れて行きます。
それを後から知った彼は、自分が過去に重ねられたことに
感情が揺れ動いてしまったようなのです。
そこで考えた、私の返答。


思い出を踏むのは、重ねるのは悪いことでしょうか。
狭い日本。お気に入りの場所は限られてる。
そこに行きたいと思う場所だって。
思い入れがある場所はその人にとっての聖域かもしれない。
そこに足を踏み入れられることは本当は幸福なのかも。


キリスト教の聖地、エルサレム。
天皇のみに入ることが許された、正倉院。
中国人しか入ることの出来ない古戦場、五丈原。


全ては許されたものが入ることの出来る場所。
あなたの許された聖域は彼女の心なのでしょう。
その心の中の思い出の地。


私は思う。
過去には勝てない、と。
それでも
過去には負けない、と。


今この瞬間はあなたのものです。
過去い戻って奪うことも出来ないし、
過去が今を奪うことも出来ない。


この世の全てはうつろなもの。
この今こそ全て。
目の前にいる女を愛せ。
過去など放って置けばいい。
今とて所詮過去になる。


あなたが常に彼女の「今」であり続けますように。
彼女の過去があなたとの「今」を振り返る思い出になりますように。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日の想い。
恋愛は難しい。それでも好きだから、大切にしていきたい。どんなことがあってもあなたを幸せにするから。例え腕が折れようと、全身が血だらけになろうとも。想いを貫く。ペンネーム、好想貫徹にしようかな。ださいか。(byくべ)

【2005/05/15 19:30】 恋愛 | トラックバック(0) | コメント(2) |

昨日の報告☆

昨日はカラオケ&でぇと☆


カラオケは友人は嘘か真か
「選曲が・・・」
といっていましたが


あのメンツに気を使ってどうする。


ということで聖飢魔?を入れたくって参りました。
何事も練習。


基本的には




擦れシャウトの実験。




をしてきたわけですが。
まぁ、及第点は出せるところにまでは来ました。
完成は程遠いですが、低音のシャウトというのが出来るのは幸せです。


お次はでぇと?♪


今回はキングダム・オブ・ヘブンを見てまいりました。
おもしろかったですが、時代が分からないと、どうしてこんな事態になっているのか、この人たちの関係は?と分からないところだらけです。
人物の関係性を軒並みかっ飛ばしてストーリーが進行しますから、事前にお勉強が必要かも。
個人的にお気に入りだった人物は・・・




サラディン




彼ですよ。宗教を盾にした戦争の中で
唯一、政治を知りながら戦争をしている。
私利私欲でなく、君主たる政(まつりごと)を知る男。
惚れましたね。


次の予定は




戦国自衛隊 1549




よくよく考えてみると1549年は桶狭間の合戦の11年前。織田信長16歳の時。敵は織田信長?という疑問符は歴史が好きな人はすぐに浮かぶはず。それを見越してか江口洋介が予告編で「お前は信長じゃない」と言っています。


だってまだ織田信秀生きてるし。


親父が現役バリバリで生きているのに誰と戦っているのやら。ちなみに、1549年となるとフランシスコ・ザビエルが来日した年でもあります。


さぁて、どんな話になるのか。
6月11日のロードショーが気になります。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日のどうでもいい話
架空歴史ものは時代考証よりも作者の妄想っぷりを堪能するべきです。でないと萎えるに一票。(byくべ)
【2005/05/15 15:53】 恋愛 | トラックバック(0) | コメント(0) |

祝・一ヶ月!!

えー、みなさん報告します。


祝・一ヶ月!!


おー。おー。
早いもんです。
何でかしらないけどあっという間に一月経ちました。
あ、主語が抜けてますね。


恋人が出来て。


ですよ。もちろん。
ははんw
もうのろけですよ。
データの無駄使いですよ。
公共でこんなのさらすなんて恥ずかしい!!
母はこんな子に育てた覚えはないかもしれません。
でも、育っています。
そこで一筆。


「君が、好きです。」


出会いは不思議。
君に出会ったのは去年の9月。
たまたま目の前に座って
たまたま話して
たまたま盛り上がった。
それだけ。


それが、今では大切なヒト。
「何で好き?どこが好き?」
いろんな人が聞くよね。
君も含めて。


でも。


全部が好きなんだよ!!


いいところも悪いところもひっくるめて、


全てがお前なんだから、そのままの君が


好きなんだって!!



何でもどうしてもない。好きなもんは好き。だから告白した。だから付き合った。好きって言われて死ぬほど喜んだ。


いけないか?


好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。
好きだから受け入れられる。
嫌いだから受け入れられない。


答えはいつでもシンプルだ。
うまいもんはうまい。まずいもんはまずい。
それは変えることの出来ない事実。


俺は、君がいてくれてとっても幸せです。
適当な話も笑ってくれて。
会いたいなって言ってくれて。
例え君が留学するとしても
心くらいはお互いテイクアウトしていきましょう。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
今日のどうでもいい話
「好き」って「女の子」って書きますよね?
いったい何が言いたいんでしょう、この漢字。
作者の意図を感じとってみたい文字です。(byくべ)

【2005/05/10 23:49】 恋愛 | トラックバック(0) | コメント(2) |

PROFILE

くべ
  • Author:くべ
  • 私の名前はくべ。石井竜也よりも横山剣よりもデーモン小暮よりも斬新でクリエイティブな人間になりたい。
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

  • くべ(02/06)
  • erika(02/05)
  • くべ(02/04)
  • 鈴木(02/04)
  • うめ(08/31)
  • たら(06/26)
  • (06/14)
  • RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。